Read Article

2014年12月15日(月) 国際関係アナリスト・北野幸伯(きたの よしのり)氏の新刊 『日本人の知らない「クレムリン・メソッド」-世界を動かす11の原理』 が発売されました。

現代の私たち日本人には、不確実で不透明な「世界の動き」を理解することがますます難しくなってきています。 平和ボケの日本政治家と日本人は気づいていませんが、「日本以外の世界」では、いまだに各国が生き残りをかけて「戦国時代」が続いています。 アメリカの没落、覇権力の低下により、このままでは、日本と日本人は、何も気づかず、何も考えず、何もしないまま、この戦国の世界に、そのまま放り出されるでしょう。 そうなれば、日本の「自立」や「経済の復活」はおろか、国そのものの「崩壊」「消滅」すら起こりえるでしょう。 その原因のひとつは、欧米国家とそのマスメディア(日本も含む)に作為的に操作された「情報」ピラミッドの底辺に、私たち日本人が組み込まれ、そのことに気づいていないからです。

著者の北野幸伯氏は、KGBとロシア外交官を専門に養成するロシア外務省付属「モスクワ国関係大学」を卒業した初めての日本人です。 この本は、これまでの経験から習得した独自の「世界の見方=クレムリン・メソッド」をもとに、欧米一辺倒の情報と策略に毒されたわたしたちに「世界のまったく別の見方」「世界の真の姿」を示す本です。

この本には、あなたがこれまで学校でも社会でも知ることのなかったであろう「世界を動かす」驚くべき11のシンプルで強力な原理が書かれています。

それを正しく理解しさえすれば、専門家でなくても、「これから世界で何が起こるのか」「次に世界を制し、動かしていくのはどの国か」そして、 「その世界のなかで日本はどうなるのか」「日本人と日本はどうサバイバルしていけばいいのか」について、私たち一人一人が容易にわかるようになるでしょう。 世界や日本のリーダーたちの「策略」や「ウソ」にだまされることもなくなり、すべての人が「自立的」に行動を取ることができるようになるでしょう。

この「クレムリン・メソッド」世界を動かす11の原理とは…。

1世界の大局を知るには、「主役」「ライバル」「準主役」の動きを見よ

2世界の歴史は「覇権争奪」の繰り返しである

3国家にはライフサイクルがある

4国益とは「金儲け」と「安全の確保」である

5「エネルギー」は「平和」より重要である

6「基軸通貨」を握るものが世界を制す

7「国益」のために、国家はあらゆる「ウソ」をつく

8世界のすべての情報は「操作」されている

9世界の「出来事」は、国の戦略によって「仕組まれる」

10戦争とは、「情報戦」「経済線」「実戦」の三つである

11「イデオロギー」は、国家が大衆を支配する「道具」にすぎない

本書は、まさにこれまでアメリカに依存し、日本人が刷り込まれた「世界観」に転換を迫り、パラダイムシフトを起こす衝撃の「一冊」になるでしょう!

その他のお知らせ

Return Top