Read Article

 

 

【拡散希望】 安倍政権を吹っ飛ばす方法がある! 〔不破利晴〕

     

画像出典:2014年11月21日 首相官邸 安倍内閣総理大臣記者会見 [http://www.kantei.go.jp/jp/96_abe/statement/2014/1121kaiken.html]

画像出典:2014年11月21日 首相官邸 安倍内閣総理大臣記者会見 [http://www.kantei.go.jp/jp/96_abe/statement/2014/1121kaiken.html]

 これを実現するのは、まず第一に我々の内面の「パラダイム・シフト」が必要だ。

 そして、このパラダイム・シフトを受け入れた時、安倍政権は崩壊する。
 つまり、安倍政権を吹っ飛ばす方法が唯一残されているのだ。

 それは、衆議院選挙の「ボイコット」である。

 これは、天木直人氏が訴える我々国民の声を直接安倍政権に叩きつける、最も斬新かつ唯一の方法である。  天木氏は語る。「仮に、今度の総選挙が歴代政権の総選挙の中で最低の投票率に終われば、それだけで安倍首相は窮地に立たされる。正統性のない選挙だ、政党制のない政権だと言われる」

 確かにその通りだ。ただでさえ安倍政権の内政、外交面での行き詰まりは甚だしく、今回の衆議院解散も政権の延命策でしかないことは誰の目からも明らかである。
 それでも今回の選挙では間違いなく自民党が勝つ。そして従来通りの自公政権で、これまで連綿と続いた悪政が繰り返されるのだ。

 しかし、史上最低の投票率。例えば30%を割るぐらい投票率で仮に自民党が勝利したとしたら、一体それはどれほどの意味や価値を持つというのか?
 そして、実質的に国民の審判をまるで受けていない安倍政権を徹底攻撃することでおのずと安倍政権は再び行き詰まるだろう。その先に待ち受けているのは安倍首相の退陣である。

 私はこれまで、どんな時でも選挙だけは参加してきたが、今回ばかりは「発想の転換」を図ろうと思う。
 野党がまるで機能しない ”お飾り” 以下の税金泥棒に成り下がっている以上(これは自公にも当てはまるのだが)、我々が仕掛けるのは変化球的な逆転の発想による意思表示である。
 そう、これは我々の意思表示であり、我々の戦略であり、そして我々の安倍政権への宣戦布告である。

 繰り返す。

 「次の衆議院選挙はボイコットすべし!」

 緊急拡散を希望する!

〈大国〉への執念 安倍政権と日本の危機 戦争のできる国へ──安倍政権の正体 (朝日新書) 安倍官邸と新聞 「二極化する報道」の危機 (集英社新書)

URL :
TRACKBACK URL :

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 巧 様へ
    コメントについては承認制へと変更させていただきました。
    ご指摘ありがとうございます。

    〔不破利晴〕

  2. 度々すみません。これ、即公開されてしまうんですね・・・
    失礼しました。

  3. 天木様のメルマガで今回の衆議院選挙はボイコットすればいい。
    「今度の選挙に限っては、それが最善、最強の、国民にとっての反安倍
    の意志表示だ」とありました。
    選挙のボイコットは、これまでの選挙でも投票をしなかった、投票所に行かなかった方々の意思表示でした。
    かつても私もそうでした。
    どうせ変わらない。
    選挙の時だけ我々平民に平伏し、当選すれば大先生だ。
    貴重な休みの日に、そんな奴らに付き合っていられるか。
    政治に対する不勉強や、所謂B層的発想である将来への楽観がそうさせていたのも事実です。
    その後、日本の情勢は大きく様変わりし、今までのそういう思いがこの取り返しのつかない日本にしてしまったのだと思うようになりました。
    選挙のボイコットは本当に意味があるのか。
    立候補者が、自民党と公明党からの候補者しかいなければ絶対に投票には行きませんが・・・
    私は今の状況では、選挙のボイコットは全くの無意味で、敵に塩を送るだけだと思っています。
    それは天木様も不破様もご承知のことと存じます。
    かつての森元首相も言っていたじゃないですか。
    「無党派層は寝ていてくれた方がいい」と。
    寝ていてはダメなのです。
    ボイコットと寝ている事とは違うかもしれません。
    しかし、相手にとっては同じ事。
    天木様、不破様を私は支持していますが、選挙には行きます。
    私は票を入れて、しっかりと自分の意思表示をしてきます。
    あの薄汚いクソ下痢ゾウの笑みを見ることになっても、私は投票します。
    選挙に行く行かない、どの党に投票するのかは各個人の自由です。
    しかし、立候補する候補者の中には、貴方のように国士がいて、心底国民に向き合って立候補すると誓っておられる方もいると思います。
    その人の力ではどうにもできないところまで来ている日本かもしれませんが、そういう人がいるのであれば、私は負け戦でも喜んで戦いますよ。
    沖縄が教えてくれたではありませんか。
    貴方が立候補をする時が来たら、選挙演説をするマイクで、今回の選挙はボイコットしましょう!!と言えますでしょうか。

    生意気なことを言って失礼致しました。
    (このコメントは非公開ができるのであれば、非公開をお願い致します。単なる一個人の意見ですので・・・)
    これからもご活躍を陰ながら応援しています。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top