Read Article

 

 

湯川遥菜さんは本当に殺害されたのか? 〔不破利晴〕

     

画像出典: 【ISIS】イスラム国湯川さん殺害(YouTube) [https://www.youtube.com/watch?v=oIfEnDFI0Qc]

画像出典: 【ISIS】イスラム国湯川さん殺害(YouTube) [https://www.youtube.com/watch?v=oIfEnDFI0Qc]

湯川遥菜氏殺害の映像が公開された

 最も恐れていたニュースが1月25日未明、日本中を駆け巡った。
 イスラム国に拘束されていた後藤健二氏、湯川遥菜氏のうち、湯川氏が既に殺害されてことを示唆する動画が、動画サイトYouTubeに新たに公開されたのだ。
 動画ではオレンジ色の服を着た後藤氏の静止画像が流れ、湯川遥菜氏の遺体とみられる写真を持たされ、「湯川さんは既に殺害された」と英語で伝えている。湯川氏の遺体は首が切断され、それが胴体の上に乗せられている。
 
 この音声は「私はゴトウ・ケンジ・ジョゴだ」と名乗っているが、これまで報道されてきた後藤氏の声と比較すると、湯川氏が殺害され動揺している点を考慮しても、後藤氏本人のものとするには、個人的ではあるがいささか違和感がある。英語を母国語としない外国人がどうにか英語を話している印象すら受けるのだ。いずれこの点については声紋分析などである程度の結論が出るだろう。

【湯川遥菜氏殺害に関する動画】
出典:IKEKITA Minoru [https://www.youtube.com/watch?v=WxLhZIQpGAY]
 

  また、後藤氏の音声はつぎのようなことも伝えている。
 「湯川さんは殺害された。期限は与えられていたが、安倍首相は脅迫を真剣に受け止めなかった。(2人を)拘束していた者たちは、ただちに言葉を実行した」
 「彼ら(犯行グループ)はもはや金を求めていない。要求はシンプルだ。ヨルダンで拘束されている女が釈放されれば、私はすぐに解放される」

湯川氏は本当に殺害されたのか

 この動画を見る限り、最も重要な点は動画の最後に集約されていると思われる。つまり、「要求はシンプルだ。ヨルダンで拘束されている女が釈放されれば、私はすぐに解放される」と訴えている箇所である。
 
 これがイスラム国側の要求するところの「本丸」ではなかろうか。日本人を人質にしてヨルダンの同胞を釈放しろと要求しても日本には何の力も権限もないことはイスラム国側でも認識している。よって、日本人人質に対し2億ドルという法外な身代金と、非現実的なタイムリミットを設定することにより世界の耳目を集め、本当に人質を殺害する(と少なくともそのように見せかける)
 そして、最後に本当の要求を主張すれば日本ならずとも、世界がヨルダンで拘束されているイスラム国分子釈放に向けて動き出す可能性は十分にあり得ると踏んだわけだ。
 
 その意味において、湯川遥菜氏の殺害は実はブラフである可能性がある。つまり湯川氏は生きている可能性がある。
 
 もちろん、湯川氏の画像は合成である。このような画像は素人でも作成できる範疇だ。
 イスラム国は、これまでも合成による動画を用いてメッセージを発信していたことは皆が知るところである。これはテロリストにすれば当然の措置だ。仮に実際の野外で撮影すれば、現在の軍事技術をもってすれば位置関係などたちどころに判明してしまう。そうすればアメリカの特殊部隊が間髪いれずに潜入してくるだろうし、それはイスラム国の拠点がバレてしまうも同然なのだ。
 
 変な話だが、今回の動画の件はある意味、日本とイスラム国双方にとってメリットがある。
 本来、日本はイスラム社会にとっては友好国である。これはイスラム国にとっても変わらない。安倍首相という暗愚な首相のお陰でイスラム国は日本を敵視する至ったわけだが、日本はアメリカとは違う。イスラム国は安易に人質を殺害することで知られているが、今回の場合は日本人を殺害することのメリットは限りなくゼロであり、新たに敵を増やすことにしか寄与しない。
 であれば、日本人人質を使って果実をもぎ取った方が賢明である。よって、イスラム国側はヨルダンにいる同胞救出を狙った。そして、釈放を確認した後に後藤氏、湯川氏を解放する。これが私の推測である。
 
 絶望するのは、まだ早い。
 湯川遥菜氏は生きている可能性がある!

URL :
TRACKBACK URL :

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

No commented yet.

  1. 「テロには屈しない」というが、肝心なのは「なぜテロ事件が頻発するか?」である:西谷文和氏

    https://twitter.com/saveiraq

    安倍首相もオバマも「テロには屈しない」というが、肝心なのは「なぜテロ事件が頻発するか?」である。

    原因が分からなければ治療もできない。

    原因は「あん…

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top