Read Article

 

 

日本が世界を救うまでの現実的4ステップ 〔北野幸伯〕

     

北野幸伯

画像出典: 「『体の声を聴き続ける』国際関係アナリスト 北野幸伯さん Part1 」 [https://www.youtube.com/watch?v=V0gRqEK5MSQ]

 

皆さん、たくさんのものが欲しいとき、どうしますか?

最悪のパターンは、「全部一度にゲットしよう!」と動きはじめること。

これを昔の人は、「二兎を追うものは一兎も得ず!」といいました。

名言です。

ではどうするのか?

まず、欲しいものすべてを書き出します。

その後、「緊急度」と「重要度」で番号をつけていきます。

そして、「緊急度」も「重要度」も高いものから、一つ一つゲットしていく。

そうすると、いつの間にか全部ゲットすることができます。

まあ、いってみれば、「一兎ずつ確実にとっていく」ということですね。

これを、今の日本にあてはめて考えてみましょう。

第1ステップ=中国問題を解決する

日本が現在抱える最大の課題は、

「中国が日本の領土を狙っていること」です。

「尖閣だけ」と思っている人も多いでしょう。

しかし中国は、「日本には沖縄の領有権もない!」と宣言しています。

というわけで、日本は、他の大部分の問題を先延ばしにしても「中国問題」を解決しなければなりません。

「どうやって解決するか?」

実は簡単。

アメリカとの関係をドンドン深化させていけばいい。

中国は、既に軍事費で世界2位の大国。

しかし、アメリカの軍事費は、中国の実に5倍。

だから、中国が「アメリカは日本を助ける」と信じていれば、なかなか日本に手出しできない。

逆に、「日本とアメリカは仲が悪い。アメリカは尖閣有事の際日本を助けない」

と確信すれば、遠慮なくとりにくるでしょう。

では、どうすれば、「アメリカとの関係を深化できるのか?」

そのもっと簡単な方法が、

「集団的自衛権の行使を容認すること」

なのです。

実際、それを認めた結果、即座にアメリカ、イギリス、オーストラリア等との関係が、劇的によくなりました。

靖国問題が盛り上がっていた今年はじめ、安倍さんは米英豪で、「右翼!」「歴史修正主義者!」とさんざん非難されていた。

いまではそんなことをいう人は全然いなくなりました。

(安倍談話、憲法改正で、また動きがでてきましたが。)

ところで、「集団自衛権行使容認で日本が安全になる」というロジックがわからない方は、こちらをご一読ください。

http://diamond.jp/articles/-/55118/

第2ステップ=アメリカからの自立

日本は、「反中」「反韓」で盛り上がっていますが、同時に「反米」も盛り上がっています。

気持ちはわかりますが。

しかし、中国とアメリカを同時に敵にすれば、日本はまた破滅です。

だって勝ち目は1%もないのですから。

だから、「順番」が大事なのです。

1、まずアメリカと組んで中国問題を解決する

2、その後、アメリカから自立する

どうやって?

日本が「自立だ!」といい、一国で軍備を増強しはじめたらどうなります?

米中は一体化して、「日本がまた軍国主義化している!」と非難するでしょう。

非難するだけにとどまらず、さまざまな制裁を課してくるかもしれません。

しかし、「集団的自衛権」を認めた今なら、軍備を増強しても文句いうのは中韓だけです。

アメリカだって、「日本は軍事大国化している!」とは批判しません。

だって、日本が軍備を増強しているのは、「アメリカを守るため」という名目なのですから。

(集団的自衛権とは、要するに「日本が同盟国アメリカを守れるようにすることである。)

そうやって、日本はアメリカのお墨付きを得て、

「軍事的自立」

に近づいていく。

で、どうやってアメリカから、最終的に「軍事的自立」するの?

これ、別に努力しなくても、ケンカしなくてもいいんですよ。

アメリカは、長期的に衰退していく方向性ですから。

「中東から撤退し、アジアからも・・・」となるに決まっています。

だから、「後は日本、勝手によろしくね!」となる。

日本は、その日までに、「軍事的自立」を成し遂げていなければなりません。

そうでなければ、尖閣、沖縄は中国領になってしまいます。

第3ステップ=日本の自立

軍事的自立を成し遂げても、日本の自立はできません。

たとえば、第2次大戦時の「ABCD包囲網」のように、資源を止められたら?

日本はいまだにどうすることもできないのです。

だから、私は「自立はトータルに考えよう」と書いています。

1、精神の自立(=自虐史観からの脱却、世界一の道徳レベル)

2、経済の自立(=財政再建、内需型経済)

3、エネルギーの自立(=エネルギー自給率100%)

4、食糧の自立(=食糧自給率100%)

5、軍事の自立

これらすべてについて、「夢物語だ!」と思われるかたも多いでしょう。

しかし、すべて「実現可能」です。

詳しく知りたい方は、「日本自立のためのプーチン最強講義」をご一読ください。

(→ http://tinyurl.com/nkam4c9 )

370pつかって、超詳細に解説しています。

第4ステップ=世界を救う

めでたし、めでたし!( ^ ▽ ^ )

日本は自立を成し遂げました。

みんな豊かに暮らしている。

軍事的自立も成し遂げ、どの国も日本を脅かすことはできない。

エネルギーも自給でき、ABCD包囲網はこわくない。

ああ、よかった、よかった!

しかし、世界には、飢えている人がまだ何億人もいる。

戦争で死んでいく人たちがいる。

わが日本国は、これらの諸問題を放置し、自分たちだけ安全に快適に暮らせればそれでいいのか?

そうではないでしょう。

それで、私の夢は二段階からなっています。

1、日本が、アメリカ幕府の天領でも、中国の小日本省でもない、「自立国家」になりますように!

2、自立した日本が、世界を救いますように!

「・・・・・・・・・ありえない!!!」

そう思いますか?

断言します。

日本が現実的に世界を救うことは可能です。

「どうやって????!!!!!」

長くなりましたので、つづきは、「動画」でお話しましょう。

もちろん完全無料です。
https://www.youtube.com/watch?v=JXxSPVIJ6KE

(◆インタビューしてくださった、加藤先生のブログはこちら。
 → http://soubudairelief-blog.com/ )

◆PS

ところで、私が、世界情勢を分析し、未来を予測する方法、全部暴露しています。

これを読めば、あなた自身も世界の未来をあらかじめ知ることができるようにな ります。

時流をよむ必要がある、経営者、起業家、ビジネスマンの方は迷うことなく、こちらをご一読ください。

全部わかります。

【増刷決定!】

◆アマゾン、「国際政治情勢部門」「外交・国際関係部門」「社会一般部門」「トリプル1位!」

◆日本人の知らない「クレムリン・メソッド」

 ~世界を動かす11の原理 (集英社インターナショナル)

  北野 幸伯

  (詳細は→ http://hec.su/hHN )

◆面白かったら、拡散お願いいたします。

===========================================================
◆メールマガジン「ロシア政治経済ジャーナル」
 発行者 北野 幸伯(きたの よしのり)
 Copyright (C) RPE Journal  All Rights Reserved. 358
 購読・アドレス変更・解除は http://www.mag2.com/m/0000012950.html
◆北野幸伯 Official Homepage http://rpejournal.com/
=======================================RPE Journal=========

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top