Read Article

 

 

陸自隊員に遺書を書かせた幹部と防衛省の責任を徹底追及せよ 〔天木直人〕

     

天木直人_20150712a きのう7月11日の毎日新聞が一面トップで衝撃的な大スクープを書き、きょう7月12日の東京新聞がその後追い記事を書いた。

 すなわち陸自北部方面隊トップである北部方面総監が、2010年ー2012年において、陸自隊員に遺書を書けと指示していたというのだ。

 私が驚いたのは、そのことを当時の総監部が毎日や東京の取材に応じて、その事実を認めているということだ。

 「事に臨んでは危険を顧みず、身をもって責務の完遂に努める」という自衛隊法の規定(服務の本質)を実践するのが目的で、「任意であり命令ではない。遺書という認識はなく、あくまで家族への手紙」であると説明したという。

 しかし、どう言い訳しても無理な自衛隊法の曲解であり、遺書を書けと命令したことへの苦しい言い訳でしかない。

 久しぶりに本気で怒りを覚えた自衛隊制服組の暴挙である。

 この事実は国会で徹底的に追及されなければいけない。

 自衛隊という組織の本質にかかわる問題だ。

 いまの自衛隊組織の幹部の本性を占う問題だ。

 そしてシビリアンコントロールを放棄しようとしている安倍政権の責任が問われる一大スキャンダルだ。

 いまの自衛隊が、隊員に遺書を書かせるような危険な活動に従事しているというのか。

 とてもそうは思えない。

 もし近い将来、自衛隊がそのような事態に巻き込まれる恐れがあり、そのために遺書を書かせたというなら、そのような事態とは具体的にどのような事態を想定していたのか。

 自衛隊が日本の国土、国民の専守防衛のために命をささげる組織なら感謝し、尊崇の念すら抱く。

 しかし、現実は米国の手先となっていることは皆が知ってる。

 米軍の戦争に従って死ぬ覚悟をせよというなら噴飯ものだ。

 徹底的に検証されなければいけない。

 このような命令が陸自だけで行われたのか、自衛隊全体の共通認識であったのかが問われなければいけない。

 官僚のトップである防衛事務次官は知っていたのか。

 政治家である防衛大臣は知っていたのか。

 知らなかったとすれば大問題だ。

 知っていながら2年間も隠していたならもっと大問題だ。

 野党議員は国会で徹底追及しなければウソだ。

 この問題は安保法制案の審議と密接に関係してるからだ。

 それにしても毎日新聞の大スクープをフォローするのが東京新聞だけだとすれば、この国のメディアは職場放棄しているも同然だ。

 やたらに新聞休刊を繰り返している時ではない(了)

URL :
TRACKBACK URL :

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 悪いのですか?
    残される家族に手紙を書くことさえ許されないのですか?
    危険がない仕事ではありません。
    際派だって死ぬこともあるかも知れないし、有事がないなんてこと、絶対に言い切れないし。
    もう一度聞きます。
    悪いのですか?残された家族に自分の意思を伝えること、そんなささやかなことが、何故許されないのですか?
    あなたは、我々を、人間として見てないのでしょう?

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top