Read Article

 

 

前途多難な民進党の船出 〔天木直人〕

     

minsin 民進党が船出した。

 私が驚いたのは、朝日が「まさかの世論」と書き、日経が「民主・連合に誤算」と見出しを打ったことだ。

 つまり、これまで民主党を支えて来た執行部は民主党にこだわりたかったが、世論がそれを認めなかったということだ。

 民主党からの出戻りである松野頼久や、民主党よりはるかに自民党寄りの江田憲司らで野合した維新の党に押し切られたということだ。

 その流れは党の理念である基本政策づくりに及んでいくだろう。

 3月27日には結党大会を開くらしいが、それまでにまとまるというのか。

 党名決定のドタバタ劇ばかりが報じられる一方で、政策論議がどうなっているのか、さっぱり報じられない。

 おそらく国民が納得する基本政策など出て来ないだろう。

 安倍自民党は酷い。

 あらゆる政策で行き詰まっている。

 しかし民進党は、その安倍自民党に、一太刀どころか、かすり傷すら負わせられないだろう。

 絶望的な政局である。

 しかし、絶望であればあるほど希望が渇望される。

 そして希望が見つかった時の興奮は大きい。

 一番よくないのは中途半端で推移することである(了)

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top